top of page

富樫虎太郎が4度目のダブルウインで、シリーズタイトルを決める!


2023 FIM MiniGPジャパンシリーズ 第5戦

2023年9月17日(日)

埼玉県・MotoUP桶川スポーツランド

未来のMotoGPライダーとなるか!?
国内第2回目となった、2024 FIM MiniGPジャパンシリーズチャンピオンは、冨樫虎太郎選手

2年目となった2023年シーズンのMiniGPジャパンシリーズも、いよいよMotoUP桶川スポーツランドで最終戦を迎えた。3月26日(日)に筑波コース1000で開催される予定だった開幕戦が悪天候のため6月25日(日)に順延。4月30日(日)にMotoUP桶川スポーツランドの第2戦が実質の開幕戦となった。4戦8レースを行い、3戦でダブルウインを達成した#10富樫虎太郎がシリーズチャンピオンに王手をかけてホームコースでもあるMotoUP桶川スポーツランドに乗り込んでいた。レース1で7位以内に入ればタイトルが決まる圧倒的有利な状況となっていた。


朝方こそ厚い雲に覆われていたMotoUP桶川スポーツランドだったが、徐々に雲は薄くなり、太陽が雲間からのぞき始めると気温も上昇。まだまだ夏を思わせる厳しい蒸し暑さに見舞われた。



フリー走行1本目は、#15松山遥希 が42秒125を出しトップ。2番手に #10富樫 が42秒305、3番手に #08知識隼和 が42秒690、4番手に #04国立和玖 が42秒868で続き、ここまでが42秒台を記録していた。フリー走行1本目を終えた時点で多くのライダーがファイナルを42丁から44丁に変更。この作業のためフリー走行2本目は、15分ディレイとなる。このフリー走行2回目では、#10富樫 が42秒014までタイムを縮めトップ。#15松山 が42秒124で2番手につけていた。フリー走行3本目でも #10富樫 が42秒027、#15松山 が42秒262と2人が抜きん出ていた。



レース1のグリッドを決める公式予選1では、#10富樫 が41秒875をたたき出しポールポジションを獲得。2番手に #04国立 が42秒136、3番手に #15松山 が42秒217、4番手に #08知識隼和 が42秒246、5番手に #02土井陽希 が42秒318、6番手に #03知識可穏 が42秒749、7番手に #14森山龍之介 が42秒906、8番手に #07吉原寅之介 が42秒946で続き、ここまでが42秒台をマークした。


公式予選2でも、41秒台に入れたのは #10富樫 のみとなり41秒783でダブルポールを獲得。2番手には #08知識隼和 が42秒002までタイムを縮めフロントロウ真ん中を確保。3番手に #15松山 が42秒110、#04国立 は42秒258で4番手、#02土井 が42秒443で5番手、#07吉原 が42秒772で6番手、#03知識可穏 が42秒933で7番手となっていた。

公式結果 予選


 

RACE 1


第2戦に続き今回もMotoUP桶川スポーツランド・ミドルコースを使用して15周で争われたレース1。セカンドグリッドの #04国立 が好スタートを決めホールショットを奪い、#15松山、#10富樫 とフロントロウの2台が続いていく。


3コーナーへのブレーキングでは、すかさず #15松山#04国立 に仕掛けトップに浮上。そのままオープニングラップを制し、2周目に入っていく。2番手に #04国立、3番手に #10富樫、4番手に #08知識隼和 と続き、早くも、この4台が抜け出してきていた。 #10富樫 は2周目の3コーナーで #04国立 をかわし2番手に上がると #15松山 の背後に迫る。そして4周目の3コーナーへのブレーキングで #15松山 をパスした #10富樫 がトップに浮上。そのままレースをリードしていく。この #10富樫 のペースについていけたのは #15松山 のみ。#10富樫 に引っ張られるように #15松山 も41秒台をマーク。勝負はレース終盤に入っていく。チャンスを伺う #15松山 だったが、#10富樫 はすきを見せない。ラスト2周の1コーナーで #10富樫 がわずかにふくらんだところを #15松山 は見逃さず前に出るが、3コーナーへのブレーキングで、#10富樫 はすかさず前に出ると、そのままチェッカー。優勝で自ら花を添え、最終レースを待たずにシリーズチャンピオンを決めた。#15松山 は悔しい2位も全力は尽くした。3位争いは、#04国立 が #08知識隼和 とのバトルを制している。5位に #02土井 が単独で入り、4台による6位争いを #03知識可穏 が制している。





RACE 1 公式結果


 

RACE 2





















最終戦もレース1より3周多い18周で争われたレース2。レース1同様、好スタートを切った #04国立 がホールショットを奪い、#10富樫、#08知識隼和、#15松山、#02土井、#14森山 と続いていく。



プレッシャーから解放された #10富樫 は、ストロングポイントである3コーナーのブレーキングで #04国立 をかわしてトップに立つとペースを上げ2番手以下を引き離していく。これを追いたい #15松山 だったが、4番手とやや出遅れ、3周目に #08知識隼和 を、5周目に #04国立 をかわし2番手に上がるが、この時点でトップの #10富樫 とは差がついてしまっていた。逃げる #10富樫、追う #15松山。その差は縮まらず #10富樫 がトップでゴール。今シーズン4度目のダブルウインを達成した。#15松山 は1秒699差の2位。3位争いは、またも #04国立#08知識隼和 の一騎打ちとなったが、#04国立 が #08知識隼和 に0秒079差で3位となった。5位に #02土井、6位に #07吉原、7位に #03知識可穏、8位に #05今井勝也、9位に #14森山龍之介、10位に #13若松汐、11位に #11蘇勇太 と続き、2023年のMiniGPジャパンシリーズを締めくくった。




RACE 2 公式結果


会場風景

MiniGPの会場では、バイクレースなどの同時開催イベントが行われています。

・OHVALE試乗体験

・親子でちびっこバイク体験

などなど、大会毎に開催内容が異なりますので、公式サイト及びSNSなどでご確認をお願い致します。




 


2023 FIM MiniGP Japan Series Round 5

2023年9月17日(日)

埼玉県・MotoUP桶川スポーツランド


結 果


レース1・レース2 優勝 / シリーズチャンピオン

8ポイント獲ればチャンピオンになれることは、わかっていたのですが最終戦ですし、勝ちたい思いが強かった。父親には、そこまで攻めなくてもいいと言われていたのですが、自分のできる限りの実力を出して優勝することができましたし、シリーズチャンピオンを獲得できて、メチャクチャうれしいです。去年のバレンシアの映像も何度も見ていますし、ワールドシリーズまでの時間も大事にして日本代表として、しっかり戦えるように準備していきます。



レース1 3位・レース2 3位 シリーズランキング2位

桶川は、あまり練習する機会もなくタイムも出しにくい状態でしたがアドバイザーの皆さんのアドバイスのおかげで、レースまでにいろいろなことを改善することができました。レースはトップ争いについていけなかったことは悔しいですが、知識隼和選手とのバトルを制して両レースとも3位に入れたのは、よかったと思います。シリーズランキング2位になることができたので、11月のワールドシリーズに向けてトレーニングや体調管理も行い優勝できるように精一杯頑張ります。MotoGPで世界一になるという夢に少しでも近づきたいですね。



レース1 2位・レース2 2位 シリーズランキング3位

この最終戦にすべてをかけて挑みました。シリーズランキング2位を狙うためにも勝つことしか考えていませんでした。結果は悔しいですが、やれることはすべてやりましたし、自分自身の力は出し切れたと思います。レース1は、何とかついていけたのですが仕掛ける場所を作らせてくれませんでした。富樫選手のミスに乗じて1度前に出ることができましたが、すぐに抜き返されてしまいました。周りに比べて体重が増えたのですが、そこに適応できなかったシーズンでした。



NXET WORLD FINAL

スペイン・バレンシアで11月に開催されるFIM MiniGP WORLD FINALの詳細は後日お届け致します

 

FIM MiniGP Japan Series 2023

Round 5 Digest


Round 5 Short


Advisor Interview




2023 FIM MiniGP Japan Series


Kommentarer


_KT31920.JPG

RACE RESULT

​第5戦のリザルトはこちらから

bottom of page